手芸がくれる温かみや和みについて

コツコツ取り組む手芸について ものづくりが好きなので、休日にはよく手芸をしています。手芸の良いところは、コピーや量産品には出せない温もりがあるところだと思います。また、この世に一つしかないという、特別な感情を味わうことがでるのが素敵だと思います。なので、私は手作りするのも好きですが、手作りされた物を買ったり、貰ったりすることも大好きです。

昔は手芸店の数が少なくて、なかなか買い出しに行くことができませんでした。しかし、近年はインターネット通販が可能な店も増えてきたので、たくさんの生地やレースを、手軽に買うことができるようになりました。それまでは、電車を乗り継いで遠くまで出かけなければならなかったので、このような変化はとても嬉しく思います。

私は読書をするのも好きなので、ブックカバーを生地から作ることがあります。手作りのブックカバーをお気に入りの本につけると、ますます本に愛着が湧いてきます。そしてまた、がま口を使ったポーチを作ることもあります。ポーチには日常で使っている化粧品を入れています。化粧直しをするたびに、ポーチを見ることになるのですが、がま口のレトロな佇まいにいつも心が和みます。手作りのお気に入りを使うことによって、このように日常が少し変化して優しく彩られて行きます。

Copyright (C)2018コツコツ取り組む手芸について.All rights reserved.