手芸の中で始めやすい編み物

コツコツ取り組む手芸について 手軽に始められる手芸のうちの一つに編み物が挙げられます。手軽に始められる理由として、何より用意する道具が少ないので気軽に始められます。用意するものは毛糸と棒針もしくはかぎ針です。何を編むかにもよりますが、最低限これだけあれば始められます。網図を見たりするととても難しそうに見えますが、やってみると案外できるものです。

まずは何を編みたいか決めることですが、初心者がいきなりセーターを編むというのは無謀というものです。まずはマフラーや小物から始めると良いです。特にマフラーは細長く編んでいくだけなのでおすすめです。また、マフラーの短辺同士をとじて輪っか状にするとスヌードになりますが、これもマフラーほど長さが必要ないのでおすすめです。少し慣れてきたらミトン型の手袋が良いでしょう。指の部分を編み足したり指先部分をとじたりすることで技を身につけステップアップできます。かなり慣れてきたら、模様を編んだりセーターやカーディガンなどにも挑戦してみましょう。カーディガンはいろいろな編み方で編んでみると様々な柄ができあがって同じシルエットの型でも雰囲気の違うカーディガンができあがります。このように、色々なものが作れる編み物は手芸の中でも人気が高く取っつきやすいので、毎年冬が近づくと手芸屋さんの中でも毛糸コーナーが大きく展開されます。そんな頃に毛糸を選びに行くと作りたいものがたくさん浮かんできて困ること間違いなしです。

Copyright (C)2018コツコツ取り組む手芸について.All rights reserved.